PC操作

顧客管理に必要な事前準備

多くの企業がCRMシステムを導入していますが、これから利用する企業は事前に準備することがあります。サーバーを使うかクラウド型にするかの判断です。また導入する時には責任者を決めておく必要があり、営業部門と製造部門に精通している人物を選びます。従来の顧客情報をインポートするための時間と費用も抑えます。

記事リスト

女性

後世に伝えられる

マニュアル制作会社に仕事のマニュアルを作ってもらうのなら、実績と信頼で選びましょう。また、分かりやすく作ってもらえるようではないと頼む意味がありません。それには自社の仕事内容もしっかり伝える必要があります。

女性

電話の取次業者

電話対応そのものを代行してくれるサービスを展開しているのが電話代行業者です。人件費も節約できるので、電話代行業者に依頼する会社も増えています。また、電話対応に人を割く必要がないので、仕事の効率もアップします。

男性

電話対応と業者利用

企業において、電話窓口の設置を行いたい場合などには電話代行サービスの活用が有効である。電話代行サービスを利用する際には、スタッフの電話対応力の高さを比較することや、料金設定などを比較し選ぶとより良い。

男性

顧客管理は新たなトレンド

既存の顧客との関係性構築手法の一つとして、CRMシステムの導入を始める企業が増えています。顧客情報を社内で一括管理出来るため、誰でもいつでも同じ情報の共有が可能となり、社内一丸となって既存顧客との長期的な関係性を築いて行けるでしょう。

電話に出られないを解消

固定電話

小規模事業者等に便利

起業ブームの昨今、ごく少人数で、時にはたった1人で会社を興し、各種のビジネスを手がけている人は少なくありません。このようなタイプの企業は、限られた人数で事業を円滑に運営するためのさまざまな工夫が必要となりますが、電話対応もその1つです。会社の代表番号に電話がかかってきた際、社員が営業等で出払っていると、せっかくのビジネスチャンスを逃してしまうおそれがあります。こうした事態を避けるためには留守番電話サービスの導入が欠かせませんが、最近はさらに有効なソリューションとして、電話代行サービスが注目されています。電話代行は、その名の通り電話対応を代行してくれるサービスです。具体的な仕組みは、転送サービスを利用して会社にかかってきた電話を電話代行業者につなぎ、専門のオペレーターが応答するというものです。オペレーターは会社名や担当者名など事前にリクエストした名前で応答するため、相手方に電話代行業者の利用を知られることはありません。通話内容はメールやファックスによって報告されます。利用者はその内容を見て、優先順位を付けて折り返し連絡するといった事後対応が可能になります。電話代行には、これ以外にもさまざまなサービス内容があります。たとえば利用者のスケジュールをあらかじめ登録しておき、オペレーターが直接アポイントを処理するといったものがあります。また、緊急度の高い内容であれば利用者の携帯電話に転送し、まるで内線電話をつなぐように通話を受け渡すといったサービスも提供されています。