記事リスト

顧客管理に必要な事前準備

PC操作

導入の責任者を立てる

今ではほとんどの企業がCRMシステムを導入する流れになっています。一般的にCRMシステムは顧客管理と理解されていますが、本当は顧客データを管理するだけでなく顧客が欲しがっている要望を聞いたり新しい情報を与えたりして、企業と顧客のコミュニケーションを活発化する働きが重要なのです。CRMシステムをこれから導入する場合、中小企業などは自社サーバーなどについて検討する必要があります。自社サーバーの導入費用が高かったり、コスト的にサーバーを置けないような場合はクラウド型のCRMシステムにするなどの工夫が前段階として必要になります。一般の大手企業がCRMシステムを導入する時には、システム導入の責任者を決めることが大事です。その場合も現場と密接に関わりのある責任者を選んだ方が、システム運営上都合が良くなります。例えば色々な部門によってCRMシステムの利用の仕方が変わってきます。それに対応するためには、営業部門と製造部門の療法から責任者を選ぶようにします。新規にCRMシステムを導入する前に、従来のアナログの顧客情報を新しいシステムにインポートするための作業が必要になります。これにかかる時間と費用も考えておかないと、予算がオーバーしてしまいます。情報のインポートの方法については事前に専門の会社と相談して、どのくらいの時間と費用がかかるかを把握しておくべきです。また導入する前にやっておくべきこととして、社員への教育があります。顧客情報を扱う上でのルールを徹底しておくことも重要です。