記事リスト

顧客管理は新たなトレンド

男性

既存顧客へ向けた戦略

企業が売り上げを増加させるためには、新規の顧客を獲得する方法と、既存顧客からの売り上げを増加させる方法の大きく分けて二つあります。既存顧客からの売り上げ増加は、既存顧客をの関係性構築を意味し、今後長期的な関係性を築く必要があり、かつ顧客を逃さない事も重要です。そこで既存顧客へ向けたマーケティングや顧客管理、そしてデータベース管理としてCRMシステムの導入が近年のトレンドとなってきました。企業によってはCRMの部署を立ち上げたり、専門のCRMシステムの管理者を採用するケースも出てきました。企業としてCRMシステムを導入するには、システム会社から自社用に新たにシステムをカスタマイズし導入する方法と、すでに販売されているシステムを自社でも活用する方法があります。カスタマイズする場合には、その分高いコストがかかってしまいますが、自社に必要な機能に絞って利用が出来るため、社員の利便性も向上する事でしょう。CRMシステムは社内全体で活用が出来るメリットがあり、特定の部署に限らず全体で同じ情報の共有が出来ます。顧客に関する情報を、販売店、営業スタッフ、マーケティング部、PR等幅広い情報の活用が見込めます。長期的に使う程、データーベースの量も多くなっていき、より詳細な分析や今後の戦略が立てやすくなる特徴もあります。まだ導入をしていない企業の場合、まずはシステムによるメリットを理解し、自社での導入を検討してみる事をお勧めします。