誰でも似合う白と黒の衣装

フォーマル

花嫁のウェディングドレスと合わせてコーディネートしたいのが花婿のタキシードです。結婚式で着る衣装はバランスを考えて選ぶ事が大事です。花婿が着るタキシードは基本的に、黒や白その他にはグレーやシルバーといったシックなカラーになっています。タキシードにはいくつかの特徴が存在しています。昼の時間帯に結婚式を行うならモーニングを着る事が出来ます。モーニングは体のラインをスッキリ見せる事が出来るので身長が低い方でもバランス良く着る事が出来ます。クラシックで重厚感のある雰囲気を演出したいのであれば、フロックコートがおすすめです。フロックコートは新郎が着るタキシードの中でも落ち着いた印象で男らしさを最大限に引き出す事が出来ます。ストレートなデザインになっているので色味選びが重要になってきます。ネクタイや胸元を飾るコサージュなどで差し色を加えると華やかさが増します。晩餐会で良く着る事があるテールコートも結婚式で着る事が出来ます。日本語では燕尾服として知られているテールコートですが最大の特徴はジャケットの後ろ姿にあります。ジャケットの後ろが燕の尾の様に見えるテールコートは、エレガントでどんな方にも似合うタキシードになっています。結婚式でどのタキシードを着るか迷った場合にはこのテールコートを選べば良いでしょ。最近ではタキシードと一緒にハットを被る新郎も居ます。ハットを被ると縦のラインが強調され身長が高く見えてバランス良くなります。